読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

25話 #nahive2qgpj02j4i

有料メルマガ「おれの25話」から厳選トピックを無料公開

fallout4 #3

酒場に人影はなかったがあやしい所であるのに変わりはなかった。それ言ったら連邦のどこでもそうだろうけど。2階のバスタブに白骨死体があり、それを取り囲むようにおのおの武器を持ったマネキンが並べられていた。

めざす街は南にあるということで自由博物館の前の道を南下。夜に進んだのがいけないんだろうが何度も死んだ。ノンビリ散歩している集団と思って近づいたらスカベンジャーに殺される。その道を避けて通りかかった野営地でレイダーに殺される(その前に教会の屋根から飛び降りてわりと重症だった)。鉄骨の足場に閉じこめられてハマリ状態になる。食堂のいざこざを丸く収めるのに失敗して説得しようとした相手に撃ち殺される。変電所のような施設をねぐらにしていた集団に襲われる。以上のいくつもの死を経て、あらかじめ分かっている脅威は避けながら進んでいると、助けを求めるラジオの電波を拾った。銃声がするのでおそるおそる近付けば、フェラルグールに襲われる戦士たちである。また死ぬかな、と思ったけどドッグミートがうまくやってくれた。ショットガンの弾薬は底をついてしまったが。彼らはB.O.S.といって、何か高尚な理念の持ち主らしい。