読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

25話 #nahive2qgpj02j4i

有料メルマガ「おれの25話」から厳選トピックを無料公開

川沿いの道でマラソン大会。俺の友人の男は何かの発明をして、その機械で優勝が狙えるはずだったのだが、運悪くそれが故障してしまい、土手を転げ落ちてしまう。機械は使いものにならなくなったので新しく発明がなされたのだが、これを使うのには二人の人間が必要で、しかもその二人でセックスをした経験がなければならないという条件があった。物語が正しく進んでいれば(この夢はラノベかエロゲだ)、俺とその友人とでその発明を使用していたはずのところだったが、そこになぜかヒロインが登場し、友人と二人して、俺の先を行ってしまった。