読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

25話 #nahive2qgpj02j4i

有料メルマガ「おれの25話」から厳選トピックを無料公開

そして大衆による暴力と大義による正当化か。 立件王政って何か。リベラルとは。 歴史は事件と傾向という互いに影響しあう側面によって導かれる。 中江兆民の指摘、ボトムアップに獲得する民権とトップダウンな恩賜の民権とあり フランスやイギリスは前者であったが日本の明治維新においては後者だった。

私たちが外国の歴史を学ぶのは、そういうプラスとマイナスを考慮して、わが日本の歴史を、傲慢にも卑屈にもならず、冷静に反省するためなのだと私は思います。……

こうして、現代日本の私たちは、あの恐怖政治の血まみれの手からの贈り物を受けているのです。それゆえ、いま、われわれが、あの劇薬フランス革命を顧みることは、あながち無駄ではありますまい。そしてまた、われわれが敗戦の莫大な犠牲をはらって樹立した諸原理のなかで、後世の人類に手渡すことのできる贈り物が何であるかを考えることも、けっして無駄ではないでしょう。